人参湯で冷え性対策

人参湯で冷え性対策

人参湯は、冷え性の改善によく使われる漢方薬です。 先ほど紹介しました八味地黄丸は、腎臓の働きが弱いことが原因で起こる冷えの症状の改善に使われていますが、人参湯は、とくに胃腸が虚弱な人に対して処方される漢方薬です。

一般的には、下痢・嘔吐・胃痛・胃アトニーの治療薬として処方されています。 胃腸の冷え (裏寒) が原因とされる冷えには、おもに人参湯を処方することで改善されます。 手足が冷えて尿の量が多い人、冷たい食べ物や飲み物でおなかがひえた時などにも処方されます。また、貧血にともなう冷え性の人にも処方することが多く、冷えの症状が強いときは、人参湯に附子を加えたもの (附子理中湯) を処方することもあります。

人参湯は、人参・甘草(カンゾウ)・朮 (ジュツ) ・乾姜(かんきょう)で作られています。 人参湯は、漢方薬の中でも、裏寒の改善としてもっともよく利用されている漢方薬です。漢方医学において、もっとも応用範囲が広い漢方薬です。 人参湯は、おもに胃腸虚弱の人や、体型がやせ気味で筋肉の力が弱い人、下痢の人、唇の色が薄い人に処方します。気・血・水の3要素の中では、とくに気と水に働きかけます。

使用上の注意点は気・水が上がり過ぎてしまうと体のふらつきやのぼせ、イライラ感を訴えることがあります。このような症状が出たら、専門医に相談して、使用を控えたほうがいいでしょう。漢方薬は、正しい飲み方を心がけて、決められた量を守らなければなりません。



▲ページの上へ
Copyright (C) 2010 冷え性サプリメントランキング All Rights Reserved.
<コラム> 症状1 症状2 原因1 原因2 冷え性と漢方 引き起こされる病気 女性に多い特徴 漢方からみる冷え性 陰陽との関係 人参湯
症状ごとの漢方の処方 冷え性は万病の元 かくれ冷え性 食生活で改善 体を温める食材 体を冷やす食べ物 栄養バランス 東洋医学の食材分類 食材の見方
末端冷え性を改善 末端冷え性の食事 しょうがの効果 内臓型冷え性 タバコとの関係 下着の選び方 下半身の冷え 靴下で改善 甲状腺機能低下型 薬湯 ストレス
<他商品> ミヤリサン製薬/冷嫌壮快 めぐりの十一源 生姜力 金時ショウガ サプリメント 燃えてキレイにうれしい生姜 リアルサプリ ショウガアルミ袋 激辛カプサイシン粒 バイタルサポート ジンジャー(しょうが) ハワイ島産生体ミネラル生姜 伝承黒胡麻グルコサミン生姜入り まるごと黒しょうが粒 スーパーしょうがエキス粒540 金時しょうがもろみ酢カプセル 金時ショウガエキス粒 くろぢから 大地でケッコウ 生姜のめぐみ 金時 金時ショウガ粒 カプサイシン330mg×90粒 カイエン(唐辛子カプサイシン) えごまカプサイシン カプシクール・ カイエン スーパー カイエン(カプサイシン)250カプセル ダブルインパクト/カプサイシン 天然ビタミンE【抗酸化・冷え性改善】 クラシエ高麗人参エキス顆粒 ショウガ体を温め冷え性予防 美健知箋・ポリフェノール+生姜・高麗人参 くろす美人丸 にんにく&カプサイシン αGヘスペリジン(アルファジーヘスペリジン) JAS有機マカ リメイク/シトルリン ビタミンP(糖転移ヘスペリジン) カイエン&ホーソーン(ビタミンE配合) ジンジャー ウォーミング/コンパウンド(ショウガ、クローブ配合) マルマンアンデスの宝/マカ 【JLPのサプリメント】ピュアマカ マカトリプルウコンニンニク 株式会社杉食 健康フーズ ピュアマカ リキッドタイプのダイエットサプリ/シトルパワーMAX/ハイパーリキッド BE-MAX EMI/スイカに含まれる L-シトルリン配合 INNER PYR/インナーパイラ(サプリメント) L-シトルリンカプセル