冷え性の症状の違いによる漢方の処方

冷え性の症状の違いによる漢方の処方

冷えの症状には、さまざまな違いがあります。 気力がない・体がなんとなく重い気がする・下半身のむくみと冷え・排尿の量が少ないという症状は、冷えの症状がかなり強く出ています。 漢方薬で、体を温めて、気を取り戻すこと、そして腎臓の働きをよくする必要があります。このような場合には、「牛車腎気丸」という漢方薬を処方します。体が重いのは、水分の代謝が悪くなっている証拠で、血液循環やリンパの働きも滞っているので、気力が衰えています。

「山茱萸(サンシュユ)」は、腎臓の働きをよい状態にします。地黄と牡丹皮は、体のしんから温めて、血液循環やリンパの流れを改善する働きがあります。 冷えとともに腰痛や肩コリをともない、下半身のかるいむくみがある人は、体を十分に温めて、「桂枝加苓朮附湯」を処方して、体内の余分な水分の排出を促す必要があります。

もともと汗をかきやすい体質の人は、体中の皮膚の毛穴が開きやすく、開いたままの状態になっていることが多いので、体内からの熱が逃げやすくなり、体が冷えやすい状態になります。水分代謝が悪くなり、体のあちこちが痛みやすくなります。水分の代謝がよくなれば、自然と痛みの症状が改善されるようになります。

手先や足先が冷たく、下腹部から下半身にかけての冷え、頭痛、生理痛、顔色が悪い人は、「当帰四逆加呉茱萸生姜湯」を処方して血行をよくして、体を温めます。長期間に渡って、冷え性になると、末梢血管の血行不良を引き起こし、とくに寒い時期でなくても、体のあちこちが冷えるようになります。この漢方薬には、ショウガが使われています。日本では、ショウガは香辛料として使われていますが、中国では、ショウガはおもに漢方薬として用いられることが多く、ショウガは発汗を促し、体をぽかぽかあたためる作用があります。



▲ページの上へ
Copyright (C) 2010 冷え性サプリメントランキング All Rights Reserved.
<コラム> 症状1 症状2 原因1 原因2 冷え性と漢方 引き起こされる病気 女性に多い特徴 漢方からみる冷え性 陰陽との関係 人参湯
症状ごとの漢方の処方 冷え性は万病の元 かくれ冷え性 食生活で改善 体を温める食材 体を冷やす食べ物 栄養バランス 東洋医学の食材分類 食材の見方
末端冷え性を改善 末端冷え性の食事 しょうがの効果 内臓型冷え性 タバコとの関係 下着の選び方 下半身の冷え 靴下で改善 甲状腺機能低下型 薬湯 ストレス
<他商品> ミヤリサン製薬/冷嫌壮快 めぐりの十一源 生姜力 金時ショウガ サプリメント 燃えてキレイにうれしい生姜 リアルサプリ ショウガアルミ袋 激辛カプサイシン粒 バイタルサポート ジンジャー(しょうが) ハワイ島産生体ミネラル生姜 伝承黒胡麻グルコサミン生姜入り まるごと黒しょうが粒 スーパーしょうがエキス粒540 金時しょうがもろみ酢カプセル 金時ショウガエキス粒 くろぢから 大地でケッコウ 生姜のめぐみ 金時 金時ショウガ粒 カプサイシン330mg×90粒 カイエン(唐辛子カプサイシン) えごまカプサイシン カプシクール・ カイエン スーパー カイエン(カプサイシン)250カプセル ダブルインパクト/カプサイシン 天然ビタミンE【抗酸化・冷え性改善】 クラシエ高麗人参エキス顆粒 ショウガ体を温め冷え性予防 美健知箋・ポリフェノール+生姜・高麗人参 くろす美人丸 にんにく&カプサイシン αGヘスペリジン(アルファジーヘスペリジン) JAS有機マカ リメイク/シトルリン ビタミンP(糖転移ヘスペリジン) カイエン&ホーソーン(ビタミンE配合) ジンジャー ウォーミング/コンパウンド(ショウガ、クローブ配合) マルマンアンデスの宝/マカ 【JLPのサプリメント】ピュアマカ マカトリプルウコンニンニク 株式会社杉食 健康フーズ ピュアマカ リキッドタイプのダイエットサプリ/シトルパワーMAX/ハイパーリキッド BE-MAX EMI/スイカに含まれる L-シトルリン配合 INNER PYR/インナーパイラ(サプリメント) L-シトルリンカプセル