しょうがの冷え性への効果

しょうがの冷え性への効果

冷えを改善する食材、しょうがをご紹介します。 しょうがは、薬味として使われることが多いですね。中華料理では炒め物に、しょうがを細かく刻んで、香りを出しますが、実はしょうがには、体をあっためる作用があります。

そして、中国では、しょうがは食材というよりも、漢方薬として昔からすっかりおなじみになっています。 漢方薬にはしょうがの有効成分が配合されたものが多く、冷え性の改善に漢方薬が処方されることもあります。体をあっためる作用のほかには、殺菌作用があります。

しょうがそのものを食する機会は、ほとんどないと思いますが、しようがには独特の香りや性質があります。しょうがをそのまま食べると、舌がピリっとしてきます。しょうがのおもな栄養素は、カロチン・ビタミンB1・B2・C・カルシウム・鉄・カリウムなどが含まれています。しょうがの独特の辛みは、ジンゲロールと呼ばれる成分によるものです。この成分が、血行促進、体を温める働きをして、新陳代謝を活性化してくれます。さらに、発汗作用が促され、冷え性の改善に最適な食材です。

その他には、疲労回復・老化防止・がん予防に効果的です。 しょうがを使ったおいしいドリンクをご紹介しましょう。 しょうが紅茶は、ティーパックの紅茶1パック・お砂糖小さじ2〜3杯をお好みで、ミルクを入れます。しょうがはすりおろしてもいいですが、チューブのしょうががあれば、それで十分です。茶こしでこすといいでしょう。 しょうがは、舌がヒリヒリしない程度のわずかな分量でOKです。 ホットで飲むと、自律神経もおだやかになり、自然に睡眠を促して、体がポカポカとあったまります。



▲ページの上へ
Copyright (C) 2010 冷え性サプリメントランキング All Rights Reserved.
<コラム> 症状1 症状2 原因1 原因2 冷え性と漢方 引き起こされる病気 女性に多い特徴 漢方からみる冷え性 陰陽との関係 人参湯
症状ごとの漢方の処方 冷え性は万病の元 かくれ冷え性 食生活で改善 体を温める食材 体を冷やす食べ物 栄養バランス 東洋医学の食材分類 食材の見方
末端冷え性を改善 末端冷え性の食事 しょうがの効果 内臓型冷え性 タバコとの関係 下着の選び方 下半身の冷え 靴下で改善 甲状腺機能低下型 薬湯 ストレス
<他商品> ミヤリサン製薬/冷嫌壮快 めぐりの十一源 生姜力 金時ショウガ サプリメント 燃えてキレイにうれしい生姜 リアルサプリ ショウガアルミ袋 激辛カプサイシン粒 バイタルサポート ジンジャー(しょうが) ハワイ島産生体ミネラル生姜 伝承黒胡麻グルコサミン生姜入り まるごと黒しょうが粒 スーパーしょうがエキス粒540 金時しょうがもろみ酢カプセル 金時ショウガエキス粒 くろぢから 大地でケッコウ 生姜のめぐみ 金時 金時ショウガ粒 カプサイシン330mg×90粒 カイエン(唐辛子カプサイシン) えごまカプサイシン カプシクール・ カイエン スーパー カイエン(カプサイシン)250カプセル ダブルインパクト/カプサイシン 天然ビタミンE【抗酸化・冷え性改善】 クラシエ高麗人参エキス顆粒 ショウガ体を温め冷え性予防 美健知箋・ポリフェノール+生姜・高麗人参 くろす美人丸 にんにく&カプサイシン αGヘスペリジン(アルファジーヘスペリジン) JAS有機マカ リメイク/シトルリン ビタミンP(糖転移ヘスペリジン) カイエン&ホーソーン(ビタミンE配合) ジンジャー ウォーミング/コンパウンド(ショウガ、クローブ配合) マルマンアンデスの宝/マカ 【JLPのサプリメント】ピュアマカ マカトリプルウコンニンニク 株式会社杉食 健康フーズ ピュアマカ リキッドタイプのダイエットサプリ/シトルパワーMAX/ハイパーリキッド BE-MAX EMI/スイカに含まれる L-シトルリン配合 INNER PYR/インナーパイラ(サプリメント) L-シトルリンカプセル